SDGsへの取り組み

私たち秀建は「快適な住まい、ゆとりある暮らし」という
コンセプトのもと、住まい・暮らし・まちづくりはもとより、
企業活動全般において持続可能な社会の構築を目指し、
環境問題を通して国連の推進するSDGsの達成に
貢献できるよう努めてまいります。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

SDGs(エス・ディー・ジーズ:Sustainable
Development Goals)とは、
2015年9月、国連
サミットにて193の国連加盟国の間で採択された、
「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に
記載されている2016年から2030年までの国際開発目標です。
「世界を変えるための17の目標」により構成され、
地球上の誰一人として取り残さない
(leave no one behind)ことを誓っています。

ACTION

環境問題への取り組み

秀建の家づくりは、快適な住まいゆとりある暮らしを
ご提案するだけではなく「人にも地球にもやさしい住宅」です。
高断熱・高気密の建売住宅「ebie」や、ZEH対応の
「エラボzero」は
温室効果ガスである、CO2(二酸化炭素)を削減し、SDGs
(持続可能な開発目標)の実現に大きく貢献しています。

住宅からは冷暖房・給湯・家電・照明の利用により、
温室効果ガスであるCO2(二酸化炭素)が大量に排出されます。
秀建の住宅は高断熱・高気密や太陽光発電システム、
人感センサー照明等の採用により、
それぞれの利用量を
削減しCO2(二酸化炭素)の排出を抑えています。

  • H28年基準値の家 H28年基準値の家
  • ebie ebie
  • エラボzero エラボzero

植物は一般にCO2(二酸化炭素)を吸って酸素を吐き出します。
杉の木1本当たり1年間に平均して約8.8kgのCO2(二酸化炭素)を吸収するとして試算されています。(林野庁)
一般的な一戸建て住宅で1年間に排出する
CO2(二酸化炭素)の量を
秀建の家では
年間で、建売住宅で杉の木96本分、
注文住宅で杉の木358本分削減する
ことができます。